いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


今日はダイエットの語源についてお話ししたいと思います。

そもそもダイエットとはなんぞや?と言いますと、肥満防止の為に行う食事療法を指しますね。

米国のダイエット専門機関では、低カロリー食事療法はずっと昔から行われています。

BMIが24以上の患者を対象に、一日の総摂取量をおよそ800~1,200kcalに留め、適度な運動を行う方法ですね。

一日の総摂取量が約1,000kcalというのは、なかなかに厳しいと思いますが…(汗)

最近では痩せるために行う運動もダイエットと言われがちですが、運動はあくまで痩身なので、厳密には間違っています。

そこで、一昔前に最近流行った言葉がありますよね。


「骨盤ダイエット」

いわゆる腸腰筋に対してエクササイズをするわけです。

ダイエットの語源を考えると、この言葉がおかしいのは分かりますか?

食事と骨盤は関係ありませんものね。

トマトダイエットやプロテインダイエットとかは正しい言葉になります。

ただの言い間違いとすればそれまでですが、例えば国語の先生が「全然大丈夫だよ♪」って言葉使いをしていたら、ちょっと頼んないな~と思いませんか?

私もたま~~~に使ってしまいますが、全然と大丈夫は言葉として繋がりませんよね。

骨盤を矯正して機能改善し、日常の運動量が上がったことによって消費カロリーも上がり、体重が減ることもあると思います。


なので、正確には骨盤シェイプアップという言い方が正しいと思われます。

ただの言い間違いならいい(良くはない)のですが、ほんとうに意味が分かっていないのはよくありませんよね。

プロなら使わないと思います。

このような細かいところでも、私のブログを読んで頂けた方がパーソナルトレーニングを受ける際に、判断できる材料になればいいなと思います。

当スタジオではこのような話しを、クライアントには若干辛口でゴリゴリにお話ししております(笑)

興味がおありでしたら、是非一度体験にいらして下さいね♪


最後までお付き合いありがとうございました。