いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。

 

第37回「物を覚えるのは朝!会」が終了いたしました。

今回はバイオモーターアビリティの高め方について勉強しました。

バイオモーターアビリティ(体力要素)とは、筋力、持久力、柔軟性、スピード、調整力(技術力、テクニック)のことをいいます。

本物のトレーナーを目指すならば、畳一畳分のスペースでバイオモーターアビリティの全ての能力を高めることができるのか。

それに尽きると思います。


トレーニングを行う上で、設備レベルももちろん重要です。

何百万もするマシンには、それに見合った価値があります。

しかし、一般健常者にはどうでしょうか。

そこまで高負荷の掛かるマシンが必要でしょうか。

操作性の難しいマシンが必要でしょうか。

マシントレーニングも一つの手段です。


基盤の指導テクニックは、何一つ道具がなくても指導出来るべきだと思います。

あ、勉強した本の受け売りですよ(笑)

私自身、正直まだまだです。

もっともっと基礎的な知識を増やし、脳に柔軟性を持たせなければ。

私の指導テクニックが、クライアントの結果に直結しますから。

今回も集中して良い勉強ができました。

充実しております。


最後までお付き合いありがとうございました。