いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


皆さまはステータスとローカルを意識されていますか?

急に言われてもなんこっちゃですよね(汗)

私自身、今年一番意識した言葉でもあります。

どちらにも良し悪しはありますが、私の一意見として語ります。

私はローカル思考ですので、ステータス思考に関して批判的な内容が出てきます。

長文にもなりますので、お気分を害される可能性のある方は、是非とも読まないでいただきたい(笑)


ステータス重視の方は、言葉通り見た目や経歴に拘りがあります。

私のお店では加圧トレーニングを取り入れておりますので、例に出させていただきます。

加圧トレーニングって、いまだにステータスとして捉えられがちです。

市内では美容室のクーポン巡りのように、入会しては辞め、入会しては辞めを繰り返すOLさんがたくさん居られます。

あの芸能人が通っているから…受付のフロントが豪華だから…高層マンションからの夜景が綺麗だから…。

動機はこんな感じです。

他人に話して自慢できるようなスタジオに通っていることがステータスです。

もちろん担当トレーナーの実力にもよりますが、パーソナルトレーニング自体の本質はどっちゃでも良いのです。

パーソナルトレーニングを受けるとどうなるのか?

パーソナルトレーニングを続けるとどうなるのか?

パーソナルトレーニングでしかできないことはなんなのか?

そこに対する思考は働きません。

激烈に批判していますが、ステータス重視とはそういうものです。

悪いわけでも何でもありません。

私自身が個人的に好きではないだけ。


なので、短期間のお付き合いが非常に多いのですよね。

回転、回転。

お客様がパーソナルトレーニングの本質を求めているわけではありませんので、付加価値が必要になってきます。

お腹に電気を当てているだけでウエストが減るマシンとか。

カプセルに寝ているだけで疲労が回復するとか。

加圧トレーニング施設を検索された方は、よく見かけられたかもしれません。

加圧+○○○

あるトレーナーが言っておられました。

「もう加圧だけじゃお客さん来てくれないんだよね。加圧+で付加価値を付けないと」


………こういうのがいっちゃん腹立つんですよね(笑)

いやいや、あなたの指導レベルが低いだけでしょ。

そもそも道具(加圧)に頼ってることが、あなたの引き出しのなさじゃない。

道具は手法なだけであって、実力のあるトレーナーは道具がなくても指導できます。


加圧トレーニングはたくさんの芸能人がしているからやっている。

それこそステータスの象徴。

この感覚がね、私は嫌で嫌で仕方なかったのですよ。

何千回加圧トレーニングを辞めたろかと思ったことか(笑)


今でも続けているのは、加圧トレーニングの本質的な必要性を感じているから。

なんだか良く分からないものを、適当にやっているわけではございません。

臨床結果に基づいた手法をとっております。


そんな私はローカル目線です。

物事の本質を追求し続け、出会った方の日々、いや、人生に必要な存在であろうと心掛けています。

なので、設備は非常にシンプルです。

耳障りのいい高価な機械なんてありません。

そんなものにローンを組んで負債は抱えません。

学びを続け、自身に投資します。


いずれ今の場所から移転するときも、市内からさらに離れると思います。

空気が澄んで、水のきれいな場所を目指します。

その場所で得れるエネルギーを、お客様に還元します。

お客様を環境の良い場所でお迎えしたい。

トレーニングで疲弊しきるのに、そこから都会の雑踏にまみれてお帰りいただきたいとは思わない。


仕事の時間が日々の大半を占めます。

コンクリート・モルタルで包まれては、私は弱るのみ。

ステータス重視の方には、一切魅力の感じないお店であり人間であると思います。

耳障りのいい言葉なんて一切発しませんから(笑)


もう一つだけ、ステータス重視の方あるあるを(いまさら読むのを後悔しても遅い笑)。

芸能人の~~、TV関係者の~~~これ言いすぎ!!!(笑)

はっきり言うと、ほんとうっとうしい!(笑)

TVは録画した「カンブリア宮殿」「プロフェッショナル」「大改造!!劇的ビフォーアフター」しか見ない私に、芸能人のことなんか言われても知らんがな!(笑)

常識的なことですが、知らんのならあえて言います。

思考を止めて何も考えず過ごせるTVは、見れば見るほどアホになりますよ!

TVというかバラエティ。

アホになると分かってて、見るわけもないし興味を持つわけないじゃない。

そして、その人たちが話題に出す芸能人は、面白くもなんともない芸人がほとんどです。

身近な芸能人ね。

シビれるような芸能人の名前が出てきたことなんて、一度もありません。

例えば私は俳優の阿部寛さんが大好きです。

その方が阿部寛さんとお知り合いならば、ほっとかれてもこちらから聞くがな(笑)


上記のような数少なく勉強になる番組は存在しますので、そちらは欠かさず視聴します。

自身を高めることにしか興味のない私に、赤の他人(芸能人)のどうこうを話して何になるのよ。

あなたがどんな人とお付き合いを持っているかなんてことは、どうでもいいのです。

あなたがどのような漸進をしたのか、そういったシビれるお話しを聞きたいものです。

言いたいことの半分も書いておりません(これでも笑)が、これが私の考えるステータスとローカル。

ローカル嗜好である方だけと、お付き合いをもつことになっていきます。


最後までお付き合いありがとうございました。