いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


何度もお伝えしていますが、朝ご飯は必要ないと思います。

私少なくとも10年は食べていません。

あ、旅行先のビュッフェは別ですよ(笑)


一日の一食目は大体14~15時の間。

それまでは水分のみ。

空腹を我慢しているわけでもなく。

ただただ自然体です。

晩ご飯をちゃんと食べているのなら、人の身体ってそんなに燃費の悪いことはありません。

12時間経って胃と腸の中がすっからかんにはならないですよ。


朝起きた状態ってプチ断食に近い状態ですよね。

その状態で固形物を胃に放り込むと、内臓負担も高いです。

よ~く考えると、朝ごはんを食べる必要ってなくなってきます。

わざわざ食べなくてもいいのでは。


食い意地が張っているので…食べることが好きなので…

このようなお話しも聞きます。

いえいえ、ほんとうに食べることが好きなら、空腹を感じていない状態で食そうとは思わないのですよ。

空腹は最高のスパイスといいますものね。

なんとなくで食べたり、何を食べたか覚えていないなんてこともないです。

この手の返しの方は、空腹を埋めるためだけに食べ過ぎている方が多くみられます。

満腹感はストレスを麻痺させますからね。

ストレス解消ではなく麻痺。

ストレスを軽減させるために満腹にする。

しかし、食べ過ぎて自己嫌悪。

この輪の中からは、なにか手を打って出ないといけませんね。

少し脱線しましたが、朝ごはんは必要ないのではってことです。

 

最後までお付き合いありがとうございました。