いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


本日はなぜ私がこの仕事をしているのか、

どのような理念を持って仕事に取り組んでいるのかを書きたいと思います。

大切なことなので、よく読んで下さい。

お願いします。


20代の半ばスポーツの練習中に、重度の腰椎椎間板ヘルニアになりました。

右足は完全麻痺し、手すりがないと歩けない状態が3ヶ月以上続きました。

画鋲で足を刺しても、全く痛みはありませんでした。

その間の運動量は激減し、食べ物の摂取量は変わらない(むしろ増えた)ので、一年間で体重が10kg以上増えました。

体型が変わり、着れる服も減り、裸を見られたくなく、選ぶ服は全て体型が隠れる服ばかり。

みじめな思いで日々を過ごしておりました。


一年が過ぎ腰の痛みが減り右足の麻痺もほとんど取れた時、体重を戻す為に半年間シェイプアップ・ダイエットに励みました。

必死に取り組み体重も戻ると、人生が変わりました。

自分の体型が分かる服を着たい、自分を見て欲しい、素敵になった自分を見て欲しいから、色々な人に会いたい。

圧倒的に世界が変わりました!


自身の経験を経て体感したことが、理念になっております。

体型が変われば人生が変わります。

ご自身の身体機能を向上させ、機能障害を改善し、人生を謳歌しませんか。

私はそのお手伝いが出来ることに喜びを感じております。

これが私の理念です。


最後までお付き合いありがとうございました。