いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


第15回【物を覚えるのは朝!会】が無事終了いたしました。

本日はクライオセラピーを中心に勉強しました。

いわゆる寒冷・冷却療法ですね。

スポーツ中に受傷した時の対応がいまいち遅れていたり間違っているなと思うことが多かったので、虎の書でガッツリ勉強しました。

受傷後のリ・コンディショ二ング中にエクササイズを行った場合、エクササイズ後には必ず炎症しますので、冷却が必要となります。

その際に、どれぐらいの時間・どれぐらいの感覚で冷却するのかが分かっていないと、凍傷になってしまうことがあります。

これは一番避けなければいけないことですね。


クライオセラピーには禁忌事項もあります。

その見極めには相当注意しないと、大変なことになります。

う~ん、しかしこれは明らかにテクニックが必要になりますね。

施術経験がないと、習得はできそうにありません。

アイシングの経験がほぼない私が施術するのは、単純にリスキーですね。

どこかでテクニック指導が受けれないものか…。

当スタジオ内で冷却が必要になる場面はもちろん発生することはありませんが、スポーツをされているクライアントはたくさん居られます。

クライアントがスポーツ中に受傷した時、正しい処置を取れるようにティーチングしたいのです。


スタジオ内だけでのお付き合いではありませんから。

クライアントが人生を謳歌するために私に何が出来るのか、常にいついかなる時も考えています。


しかし、その正しい処置を誰が出来るのだろうか…。

う~ん、その現場に私が居ることはまずないし、居ても施術経験がない…(涙)

同じところに戻りましたが、前向きに取り組み続けていれば、どこかでテクニック指導と出会えるでしょう。


本日もわずかですが一歩前に進むことが出来ました。

やはり【物を覚えるのは朝!】

みなさまのご参加、お待ちしております!


最後までお付き合いありがとうございました。