いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


先日クライアントとお話ししている時、趣味の話題になりました。

クライアントに趣味はなく、糧になり学びになるものは取り入れるが、趣味と言えるものはないとのこと。

敢えて言うならば食べ歩き・吞み歩き(笑)

確かに何をして趣味と言えるのだろうかと考えさせられました。

個に拘る必要はないのかも知れませんが、時間の優先順位は高いものかなとか。

自ら望んで時間を割くものが趣味なのかなとか。

う~ん、難しい。

さて、いつも通り前置きが長くなりましたが、私の日常的な趣味は読書・映画鑑賞・音楽鑑賞です。

なんて在り来たりであるのだろうか…(笑)

しかし、他にはこれといって在りません。

趣味自体がシンプルですから、インフラは整えています。

音質の良いスピーカーを用意するであるとかですね。

一日の終わりのほんの小一時間を良音で音楽が聴けたりすると、幸せを感じます。


読書は必要性で始めましたが、今ではプライベートの時間を割くほどになりました。

好んで読んでいます。

リラックスできるのですよね。

特に好きなのはミステリーもの。

これは仕事上でも十分に活きていると思います。

クライアントの深層心理を想像し、予測しますから。

想像していた通りに物事がハマルと、なんともいえぬ高揚感が身体を巡ります。

なかなかにハマルことはありませんが…。


学びのためとはいえ、自由に地方・海外を飛び回る時間とお金はありません。

しかし、本を読むことで疑似体験できるのですよね。

過去の偉人が成し遂げたことを、読むだけで体験できる。

なんて手っ取り早いのか(笑)


そして、考える。

考えに考えて考え尽くす。

この作業が本を読むことで自然に行え、漸進していきます。

誰でもできる能力開発の手法です。

誰でもできるからこそ、私などでも取り込めているのでしょう。


ある世界一の投資家が仰っていました。

自分の仕事の70%は、「読んで考えることだ」と。

世界一の投資家が仰っているのですから、今のところこれ以上の手法はないのでしょう。

テレビ画面で得れる情報には速効性はありますが、思考は停止します。

職業の性質もあり70%も割くことはできませんが、1%でも近付けることが出来るよう、知恵を絞りたいと思います。


本を読む、読んで考える、考えて知恵を絞る。

これが私の日常に大きな柱となっています。

数少ない大切な趣味です。


最後までお付き合いありがとうございました。