いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


最近何人かの方に、このような質問を受けました。

ありきたりな質問ではありませんので、続く時は続くものです。

なぜ本を読むのかを説明できるほど、深く追求して考えたことはなかったかも知れません。

良い機会を与えていただきました。


大前提に面白いです。

つまらないことは続きません。

夢中になって没頭できるというか。

たまに共感できない退屈な作品に出会うこともありますので、その時は速読の練習台です(笑)


新たな価値観を発見できるということもあります。

特にミステリーもので魅力的な主人公が描かれている場合には、多岐に渡り影響を受けます。

 

偏見が多いから友達はいない。

しかし、友達は必要なのだろうか。

価値観の合わない人間と過ごす時間ほど苦痛なものはない。

なので、友達はいらない。

 

少し極端ですが、このような主人公もいるわけです。

それを読み感じた時に、自分にはどれほどの偏見があるのだろうか。

偏見によって、失った交友関係があったのではないだろうか。

固定観念を押し付けていないだろうか。

このようなことを考えるキッカケになります。


人並みではありますが、より良い人間になって、豊かな日々を送りたいものです。

その為にはたくさんの本を読み、思考をし続けることが必要なのではと思っています。


若年層では、一ヶ月で一冊も本を読まない人が七割を超えると言われています。

この2~30年で明らかに教養は減退しています。

文字を知らない、言葉を知らないから考えない。

考えないから、脳の能力は明らかに低下していきます。


本を読まなくなり、失ったものもあるのではないでしょうか。

それもまた一つの私の価値観ですが。

本を読む動機についてまだまだ書けそうですが、相も変わらずくどくなりそうですのでこの辺で。


最後までお付き合いありがとうございました。