いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


巷には様々なトレーニング法がありますね。

ストレングストレーニングやパワートレーニングを行うのに、マシンやらダンベルを使ったり。

チューブやバランスボールを使ってやらなんやらと。

ヨガやピラティスもトレーニング法の一つですよね。

ほんとうにたくさんのトレーニング法が溢れています。

その中でも行き着くのに指針とすべくお勧めしたいのが、ファンクショナルトレーニングではないかと思います。

ファンクショナルトレーニングを知るに当たって、私のお勧め書はこちら。

 

ファンクショナルトレーニング―機能向上と障害予防のためのパフォーマンストレーニング

ダウンロード


非常に分かりやすく、丁寧に書かれていると思います。

著者の人柄が出ていて、文体に好感も持てます。

こちらは本物の情報が載った本ではないかと思います。

本物の情報か偽者の情報かを見極めるのも、顧客に反映することならば、本気で選ばないといけません。

何度も読み返していますし、今でも何かヒントがないかと読み返す時があります。

本物って何度も読み返したり観返したりしますよね。

褪せない。

 

全く日常動作で必要としない動きを習得しても、あまりメリットはないように思います。

出来るだけ機能的に、日常に活きる動きこそ必要性があるとは思います。

が、しかし、こちらの本の冒頭にもあるように、ファンクショナルトレーニングだけをしていれば、全てが満たされるとは思っておりません。


私の顧客の属性は、運動初心者から中級者までとなっております。

ファンクショナルトレーニングとは追求していくと難易度が上がっていきますので、運動上級者でないとできないフォームのエクササイズが主になってくるのですよね。

運動初心者ではとても出来ません。

出来ないものを提供するのは、指導者として不適切ですよね。

後々に目指すところはよりファンクショナル(機能的)であると好ましいですが、順序としては初期に提供しづらいトレーニング法でもあります。


ある一例を。

三ヶ月と期間を決め、ダイエットを目的としてトレーニングに来られた顧客に、運動内容を習得する期間があるのか。

もちろんありません。

なにはともあれ安全最優先で、消費量の引き上げを考えます。

ご自宅で可能な範囲でのエクササイズ内容をプログラムしたり、運動をする時間を工夫したり。

そうなってきますと、エクササイズの内容はより難易度が低く、習得の早いエクササイズを選択します。

時間がありませんからね。

そこに習得度の高いファンクショナルトレーニングの出番はあまりありません。

顧客の目的地に対して最短のナビゲーションをするのが運動指導者の仕事です。


ファンクショナルトレーニングは最高(私の独断と偏見)のトレーニング法であり、男女問わず推進していきたいトレーニング法であります。

しかし、時と場合によっては最高が最適とは限りません。

自分の理想を押し付けるのではなく、顧客に対して常に最適な判断をしていきたいです。

皆さまの目的達成が私の幸せです。


最後までお付き合いありがとうございました。