いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


ここ数年は特に経営者のお客様が増えました。

時間の融通が効きやすいからでしょうか。

ありがたいことです。

年下のお客様はお一人様しかおられませんので、

日々目上の方とお会いするのがほとんどです。

トレーニング指導は私の専門分野ですが、

経営者としては大先輩ばかりです。

お話しを聞いていてつくづく思いますのは、

経営とはほんとうに厳しい。

私をシビれさせていただく顧客の皆さまは、一様に厳しくあられてます。


現場でのお仕事は体力だけの問題で、辛くはないのですよね。

むしろ天職ですから、ひたすら楽しい。

今日一日お会いできる皆さまに、心ときめく日々でございます。

もちろん楽しいのみではありません。

結果が伴っていない場合には、共に苦しみます。

むしろ私の方が苦しんでいる場合が多いです(笑)

しかし、何が何でも最適の方法を模索し、発見いたします。


現場でのお仕事には、ネガティブになる要素はないのですよね。

それに比べて、経営はネガティブばかりです…。

自分が生活できればいいや~でしたら、こんなに楽なことはありません。

本気で経営を経営するならば、設定した目標数字を必ず達成しなければなりません。

デッドラインを設けるのですよね。

私にも今後の目的・目標があります。

出来なかったでは済まない。


広告費だって捻出しないと。

自身のスタイルに合った集客法を模索します。

いまだに模索中です(汗)

口コミ任せはある意味何もしていないのと変わりませんので、

ちゃんとお金を使って費用対効果を分析します。

広告費を使って出会ったお客様にベストを尽くし、

年間の売り上げ目標を逆算していきます。

足りているのか…足りていないのか…×10

このような作業が辛いわけです。

苦でしかないです(笑)


お客様とお会いしている時は、トレーニングのことのみ考えています。

それ以外の時間は経営のことのみ考えています。

この考え方も、お客様から頂戴いたしました。

 

私のシビれるお客様は、昨年の年間売上目標が達成できなかったので、頭を丸坊主にされました。

誰に言われるでも望まれるでもなく、自身への戒めです。

六十歳でなかなか出来ないことですよね。

厳しくあらねば。

いつも刺激をいただきありがとうございます。


最後までお付き合いありがとうございました。