いつもご訪問ありがとうございます。

Professional Support 代表の古川真行です。


今年の年賀状は干支を描きました。

 

毎年何か趣向を凝らしたいと考えていましたが、拙いながらも自画ほど手間の掛かる手法もありませんし、干支はネタに尽きません。
十二年経てば、今年描いた画も忘れてしまいますしね(笑)
 
そもそもではありますが、大切に想っている方々へは手間を掛けたものを送りたいものです。
 

年々年賀状の発行枚数は減り、この文化自体が必要か不必要かで所々議論されておりますが、さてここで私の一意見。

絶対に必要。

望まれているかは分からずとも、この人に近況を伝えたい、会えないながらも新年の挨拶をさせて頂きたい。
そのような相手が居るのか居ないのか次第だと考えています。
 

私にとっては格闘技の師匠に新年の挨拶を送らないなど考えられませんし、クライアントにも一手間掛けた作品を送れる絶好の機会です。
 
あるクライアントからは、私の年賀状が目に付いたご家族から「誰なの!?これ描いた人?」と、家庭内で話題になったそうです。

なんて嬉しいことなのか。
お会いしていない時でも、私を思い出して頂ける機会に恵まれたのです。
 

喜んで頂けることが嬉しいから出すのです。
出すことが面倒だなと感じる時点で、出さない方が良いのではと思います。
私自身、一筆もない年賀状は記憶に残りません。
 
私にとって、年賀状は生涯大切にしたいと思える文化です。
悪しからず。

 

最後までお付き合いありがとうございました。