こんにちは。

いつも通り全力の古川です。


毎週必ず視聴したいと思いながら、全く観れていないそこまで言って委員会。

良い習慣は良い結果に繋がると考えていますので、必ず視聴したいと考えているのなら、観ねば。

言うは横山やすし、行動に移します😅

そこまで言って委員会、おっさん(私)が超おっさんをはぁはぁニヤニヤしながら観ています(笑)

地上派の放送ラインではギリギリの内容、全国屈指の論客たちが頂上議論を交わし合います。

それまで弁の立つ人だな~と感じていた論客も、この番組に出ると一般人にしか見えなくなります。

それほどのスペシャリテが集まった番組なのです。

 

先日放送されました内容で紹介された本を、視聴中にポチりました。

正面突破のツイートにいつも注目しております、見城徹さんが代表の幻冬舎から発刊されました、人殺しの論理

 

不快指数150%…(笑)

文字数は少なかったので、二日間で読み終えました。

このお話しは物語ではなく、ほんとうに、身近にあった事件が鮮明に書かれておりますので、読み進めるにつれ、寒気をもよおしました。

異常な人間の頭の中は分からないと切り捨て思考を止めるのは簡単ですが、経緯を知り、なぜ犯行にまで至ったのかを知ることで、先ずは、圧倒的に予防できる。

危ない人間危ない場所には近付かないが一番の防衛手段ですから、予測が立てれるよう、知識を増やしておく。

そして、世の中には反吐の出る行為を行う人間が身近におり、その人間はまだ、大阪地検に居たりもする。

被害者の方々は可哀想~ではなくてですね、どれほどの痛みがあったのか。

同じ国、地域に住む人間として、知らなければいけないのだと考えています。


日本人はとにもかくにも、自分だけは安全であると感じがちです。

なんだろう…この民族性。

遡れば室町時代からひしひしと感じるこの民族性。

自分が言えた義理でもありませんが、お気楽だなと感じています。


ほんとうに、世の中には目も当てれぬ事件、現実があります。

そのような事件と比べれば、自分はなんて満たされているのだろう…。

自身の起した事業で生活ができ、人から必要とされ、命の危機に瀕することもなく、暮らせています。

有り難い、有り難い。

これほどまでに満たされているのなら、自分の為だけに生きていくなんて、出来ません。

世の為人の為に何が出来るのか、常に考え続けています。

 

お客様からお伝えいただき、心に残った言葉。

「足るを知る」

『足るを知る』の本当の意味知ってますか?続きがあるの知っていますか?

他人から見て憧れられるような優雅な暮らし、著名人とSNSで関わり、なんちゃって有名人になる。

そんなこと出来ません。

優雅な暮らしが出来るほどの料金設定にしていません。

著名人、知らないし好きじゃない。

自身の身の丈は嫌というほど体感していますし、出来ないことも求めていません。

そもそも僕のお客様は、そんなこと僕に求めていません。


足元をしっかりと見たほんとうの自分に、何が出来るのか?

丁寧な仕事を、誠実に続けていくのみです。


不幸に合われた方に直接的には何も出来ませんが、良い仕事をし、少しでも人の役に立てれば、何かしら巡り巡って人を救えるのではと考えています。

たくさんの本を読み(その時間が全く作れていない能力足らずです汗)、たくさんの言葉を知り、多角的な知識を得、自身にアドオンする。

それが、良くなるということなのかなぁ。

俄然宗教的になってきましたので、今回はこの辺で失礼いたします(笑)

また見にきてください。