いつもありがとうございます。

全力教室でございます。


去年からお店のメニューとして正式に始めました整体。

トレーニングは身体を作ります。

整体は体を直します(治すはNG)

身体の間違った場所を正し、筋肉の緊張を取り、自己回復力で直します。


ある猛獣から固定観念を崩していただいたことにより、クライアントの身体を直す道が切り開かれました。

上記の猛獣は、僕を成長させていただける存在であると感じております(たくさんヨイショしておこう笑)

無茶のフリが雨あられパンチで舞い降りてきますが、猛獣の職業は医師なので、

日々の現場が無茶のフリの雨あられパンチなのでしょう。

無茶ブリと感じていることがぬるま湯なのでしょうね。

勉強になります。

 

それまでクライアントを直す施術は、自身の職域を越えている線だと考えておりましたが、

●治療=医療を生業とする行為

治療が職域を越える線だったのです。


その点では、自身の職域を越えている施術者をよく見掛けました。

整骨院の施術者が、この腕折れていますね。ギブスしましょう。

これはNGです。

柔道整復師が診断をしてはNGです。

プロは自分の身を守れてこそプロだと考えておりますので、職域を越えていないか。

デリケートに考えすぎて丁度よいぐらいです。


何度も何度も試行錯誤を重ね、ネットで拾える限りの情報を精査したからこそ、

治療に携わらなければ、クライアントの身体を直すことが、自身の職域を越えないと確信しました。

そこからは、研鑽に研鑽を重ねる日々を送っております。

分からないことは分かるまで勉強する。

出来ないことは出来るまでやる。

この精神のみで、今の施術法を確立しております。


僕は、プロの総合格闘家を目指しておりました。

誰よりも才能がありませんでしたので、誰よりも努力いたしました。

他人の30倍努力した自負があります。

それでもなれませんでした。

怪我をすることだけなら、プロ以上の実力はありましたよ(笑)

もうほんと、ヒクヒクピューだったのです😂😭😂


しかし、人の身体を作り、直すこと。

これは他人の10倍努力し続けるだけで、僕に出来ないことはなくなるなと感じた瞬間がありました。

その時手が震えるほどの感動を覚えたことは、忘れることの出来ない記憶です。

天命とは、このようなことを言うのではないか。

そして、天から授かった使命は、世の為人の為に尽くすことが、在るべき形ではないかと感じております。


僕は今の生活が100点です。

必要以上のお金要らない。

マイカー要らない。

マイホーム要らない。

良い仕事をし続けることが、最上の喜びです。

その為に経営の安定が必要なので、営業にも力を注ぎます。


猛獣から伝達いただいた施術法で、夜のキッククラスの会員さんの腰が、あっという間に改善しました。

もっともっと高みに行きたい。

誰も登ったことのない山を登り、そこからの景色を身体で吸収したい。


僕がお受けできるお客様の定員は、残り6名様です。

定員に達しましたら物理的にお受けできなくなりますので、

身体を作り、直すことでほんとうにお困りでしたら、

今すぐの問い合わせ、お待ちしております。


最後までお付き合いありがとうございました。