いつもご訪問ありがとうございます。
【体型を変えて人生を変える】
加圧トレーニングインストラクターの古川真行です。

 

本日はアイシング(治療)についてお話ししたいと思います。

 

icing

 

外傷・障害が起きたときには、まず冷やすことがスポーツ外傷・障害に対する基本的処置として行われます。

「なぜ、冷やせばよいのか」、冷やす効果を知っておく必要があります。

なぜ冷やすかというと、一番大事なことは、二次障害を防ぐためです。

外傷が起こると、一時的障害として血管、筋肉、結合組織、神経などに影響を及ぼし、受傷した部分の組織細胞が破壊されて、その部分に血液が多く流れ込みます。

血液が多く流れ込むと、破壊されて死んでしまった細胞に血液が運ばれ、破壊されていないまわりの元気な細胞には血液がまわりません。

血液には酸素が含まれているので、結局、元気な細胞は酸素不足に追い込まれてしまい、そのために傷口が広がります。

それを防ぐためにアイシングをします。

 

冷やすことで傷ついた細胞に運ばれる血液の流れをできるだけ制限し、まわりの元気な細胞に対して酸素不足にならないように冷凍してしまいます。
元気な細胞を冷凍して、冬眠させてしまい、患部の炎症の鎮火を待つということになります。

どのようなスポーツであれ、怪我というものは付いて回るものだと思います。
しかし、受傷した時の対応や処置に疑問を思うことがよくあります。

自身の好きなスポーツを心一杯楽しむためには、ケアをもう一度見直す必要があるのではないでしょうか?

 

最後までお付き合いありがとうございました。