いつもご訪問ありがとうございます。
【体型を変えて人生を変える】
パーソナルフィットネストレーナーの古川真行です。

本日はダンベルフライと加圧トレーニングの関係性についてお話ししたいと思います。

ダンベルフライとは大胸筋を主動筋としたエクササイズです。

d-danberufurai1

フォームの習得には多少時間が掛かりますが、ストレッチ系のエクササイズにもなります。

肩こりにより大胸筋・三角筋前部が硬くなってしまっている方は非常に多いので、クライアントにはお勧めしています。

フォームには十分な指導がいりますので、トレーナーの指導力が問われるエクササイズでもありますね。
適当な指導をすると、怪我の原因になります。
なにをおいても最優先はクライアントの安全管理です。

加圧トレーニングを行う際に加圧ベルトを巻いていれば、どんなエクササイズをしても加圧効果があるのか?

答えはもちろんノーですね。

あくまで血流制限部位に負荷が掛かることによって、加圧トレーニングの効果が出ます。
主動筋・協働筋・拮抗筋のどれかの働きが必要ですね。

さて、それでは問題です。

「ダンベルフライを上肢制限状態で行った際、加圧トレーニングとして効果的でしょうか?」

答えが知りたい方は、是非一度体験レッスンにお越し下さい(笑)

最後までお付き合いありがとうございました。